本当に!?ジュディ・バレットがとにかく安い♪

イラストが子供ウケするのですが、文章は日本向けではない気がします。これは手放せない!と思う絵本に、久し振りに出会いました。絵本好きの私のツボでした。

早速ご紹介!

2017年01月15日 ランキング上位商品↑

ジュディ・バレットどうぶつにふくをきせてはいけません [ ジュディ・バレット ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

最後のページの翻訳がちょっとこどもにはわかりづらいかもです。。届くのが楽しみです。そして、最後の象と人間のところで落ちが付いているわけです。次にどんな動物が出てくるのか楽しみながら読めると思います。いろんな動物が服を着るのですが各々の動物の特徴を踏まえつつ、だからふくをきせてはいけません。本は面白いのに!とっても残念です。この絵本の中には!やまあらし!らくだ!ヘビ!ねずみ!ひつじ!ブタ!にわとり!カンガルー!キリン!ヤギ!セイウチ!トナカイ!フクロネズミと最後に象と人間が出てきます。どの動物がどういう理由で、服を着せてはいけないかを教えてくれたり、自分がいちばん気に入った内容や、面白いと思ったものを話して聞かせてくれました。子供へのプレゼントでもすごく喜ばれるかもしれません。楽しい本!気に入った本というのは!読み終わった後で!会話が弾むものなんですね。落ちを知りたい方は、ぜひ手にとって確かめてください。絵がすごく素敵なのに内容はつい笑ってしまうこのギャップが最高です。お友達に教えてもらった絵本。笑えて、心に少しゆとりが出たようです。見ているうちにおかしくて笑ってしまう楽しい絵本です。動物に服をきせたらどうなるか!ということを絵であらわしています。「着せたらかわいそう」ではなく!「着せる必要はないよね」といった感じの絵本です。題名がおもしろいですよね。最初に登場するやまあらしは棘で服をボロボロにするし!らくだは帽子をかぶる場所をまちがえるし!と!へび!ねずみ!ひつじ!ブタ!にわとり等の様々な困った状況を絵でユーモラスに説明していきます。。落ち込んでいる子どもに買いました。動物に服を着せたらどうなるかを説明しています。このフクロネズミまでの13種類の動物には、なぜ服を着るといけないのか、もっともらしい理由が一言ずつ書いてあります。読んであげると子どもたちはケラケラ笑いながら見ています。大人にも読んでほしい1冊です。近所のお店に置いてあって!かわいいし!おもしろかったので楽天ブックスで購入しました。最後のオチは子どもにはちょっと分かりにくいかもしれません。絵本が大好きなおばあちゃんへのプレゼント用に購入しました。。届いてあけてみたら、表紙に赤いインクがすれた跡がハッキリついていました!かなり目立つので普通は気付くと思うのですが...必死に擦ったら大分消えましたが、これはないです。某雑誌でも紹介されていました。文と絵の配置は、左だったり右だったり統一しませんが、2ページで1つの動物を扱っています。と作者は語っています。買って良かったです。娘も「バツが悪いし」「間が抜けてるし」と意味は理解していないけれど!言葉の言い回しが気に入っているようです。おもわずニヤっとしてしまう、楽しい本です。